保険のビュッフェで始める「終活」

相続に保険がおススメな理由

「終活」という言葉が一般化する中で、税法上の控除などをうまく活用し生前贈与を検討することも一般化してきました。一方で税法上だと「血縁者へ」「住宅資金として」「教育資金として」などそれぞれしばりがあり、自由でない面もあります。そこで注目されるのが保険を使った贈与です。

例えば「保険契約者:子供 被保険者:親 保険金受取人:子供」とする終身保険を契約するとしましょう。親が死亡した場合、子供に保険金が入りますが、これは民法上 相続財産とならず相続税の対象外となります。生前贈与と違う点として、「死後に渡す」という相続の特徴をもつことで「早く子供に渡して無駄遣いされた・・・」というリスクもありません。

 

相続じゃないからこそのメリットとは

相続というと資産を引き継ぐだけと考える人もいますが、残念ながら借金も引き継ぐ形になります。財産だけを・・・というのも、できなくはないのですが容易ではありません。そこで相続放棄をされる遺族も多いのですが、保険は「相続」の対象外となります。相続を放棄した場合でも、確実に遺族にお金を残せるのです。

また相続でないからこそ、血縁者と限らず幅広い人に資産を残すことができます。では、どういった保険がいいか・・・保険会社だけでも数多あるのにどこに相談したらいいか・・・そういう時に便利なのが複数社の保険を扱う会社です。最近注目されているのが「保険のビュッフェ」。「保険のビュッフェ」では 経験を積んだファイナンシャルプランナーが選りすぐりの保険を選んでくれます。